「今日何が食べたい?」の質問の裏には何も隠れてないけど 質問代えたら楽になる?

我が家の料理担当は私(夫)で、
妻は洗濯担当です。

料理は毎日のことで、
しかもできれば違うものを作りたい。

1歳児の子どもでも食べれるもので
大人も満足できそうなものを考えながら、
日々料理をしています。

考えることも料理の一部。


・今日何が食べたい?
たまに、妻や娘に
「今日、何が食べたい?」
と聞くと、
「なんでもいい」はもちろん
「ピザ!」「カルボナーラ!」
「グラタン」とかチーズばっかりで、
大抵適当な答えのため、
あてになりません(笑)
※たまーーーーーーーに、
ピタッと来ることがあるので、
たまにこの質問使います。

6cdbd47e2b1e3b45ddbf7b81bf66bbb1_s.jpg
昨日インターネットで、
「今日何が食べたいの裏には
『冷蔵庫の中身と特売、旬の食材、
栄養を考えて、家族みんなで食べられる
私でも作れる料理の中で、何食べたい?』
という行間がある」という記事を見ましたが、

私はそんな行間忍ばせていません(笑)

家庭で料理担当の人ならわかると思いますが、

冷蔵庫の中身を考えて答えるなんて、
料理していない人には無理ですから、
「冷蔵庫に中身を把握した上で、
今日作れる食べたいもの」なんて、
パーフェクトな答えは期待していません。

「ちょっと考えるのを
 手伝ってくれたらいい」
ってレベルの質問だと思います。

なので、うちでは
「肉と魚どっちがいい?」
「和食と洋食と中華、どれがいい?」
とか絞って質問します。



・質問は具体的に。
漠然とした質問だと
自分が求めている答えは返ってきません。
なので、
ある程度選択肢を絞って質問をすることで、
自分が求める答えが返ってきやすくなります。

…自分が求めすぎないことも大切かもですね。(笑)

「冷蔵庫中身を把握した上で、
今日作れる食べたいもの」が聞きたかったら、

「冷蔵庫に〇と△、●、◆があるんだけど、
       これ使うとして何が食べたい?」
「冷蔵庫の■を今日使おうと思うけど、何が食べたい?」

と冷蔵庫の情報を伝えて質問する必要があるでしょうね。



仕事についても同じですね、
自分が得たい答え、情報のためには、
漠然とした質問ではなく、
具体的に質問しないと返ってこないものです。


家事もお仕事です!
主夫は24時間労働者!!
変な質問でストレス抱えるより、
相手に改善を求めるより、
自分の質問を具体的にして、
日々のストレス減らしましょ!


この記事へのコメント