現役バリバリの男性こそ育児休業取得を!!育休取得で得られる、「時間意識、目標意識」についてまとめてみた!

E38380E382A6E383B3E383ADE383BCE38389.jpeg
現役バリバリの男性こそ、
育児休業取得を!!
育児休業は得られるものが多いのです!
得られるものの中に、
復職後の仕事に役立つ、
「時間意識、目標意識」
「仕事のさばきかた」
というスキルがあるのですが、
今日は「時間意識、目標意識」について、
まとめたいと思います!

・「時間意識と目標意識」
みなさんの定められている
一日の労働時間は何時間ですか?
9時17時だとして、
間に1時間休憩があったら、
労働時間は7時間ですね。
この7時間という労働時間を意識して仕事をしていますか?

育児(家事も含む)は時間に
迫られることが多くあります。

上の子の時の育児休暇の一日で見ると、
6:30 起床朝御飯準備
7:00~子供が起き始め朝御飯、ミルク
7:30 ご飯の片付け、朝の支度
   ※ここで洗濯物を回しておく!
8:00~妻を仕事場に送る、帰宅
8:30 洗濯物を干し、前日の洗濯物を畳む
9:00 娘におやつをあげる、遊ぶ
10:00 お出かけ、買い物や公園に。
10:30 離乳食(補完食)をあげる。
11:30 自分のお昼ご飯はあまり食べれない
12:30 ミルク後、昼寝一緒に寝てしまう
14:30 起きて、おやつ
15:00~午後のお出かけ
17:00 妻お迎え、夕飯の準備
17:30 夕飯
18:00 夕飯片付け、お風呂の準備
19:00 子供と一緒にお風呂
19:30 歯磨き、絵本読み聞かせ、寝る準備
20:00 子供を寝かしつける
21:00 雑多な事を片付けてボチボチ就寝

ざっとあげて、こんなサイクルがほぼ決まっています。

なので、
30分で洗濯物を干して畳むとか、
30分でご飯を作るとか、
かけられる時間と目標(ゴール)決まっているので、
その時間内にゴールする必要があります。

すると目標(ゴール)のためにどうしたら時間内に終わるのか、考えます。
これが、
時間意識と目標意識です。
育児家事をこなすには必須の感覚だと思います。

これが身に付くと、
かなり仕事に使えます!

時間と目標を意識しながら、
業務をタスクでみると、
目標を達成するために必ずしも必要ではないこと省かざるをえません。

そうすると自然と効率が上がります。
※時間を短くするよう意識することが大切です。ダラダラする前提はダメです(笑)

ただ、
話を聞いて「やってみよう!」と思っても、
「危機感」がないとなかなかできないものです。

育児家事においては、
死活問題ですから、
危機感があるんですよね。

私はこの危機感を育児休業を通して感じ、
復職後は、時間意識と目標意識をもって、
とことん効率をあげるよう意識して業務に取り組んでいます。

時間意識も目標意識も
物珍しい言葉ではありませんが、
実際にできている人は
少ないのではないでしょうか。

危機感を感じると身に付きます!

その危機感を体験できるのが、
育児休業です!!

現役バリバリの男性にこそ育児きを!!
育児休業取得、オススメです!


この記事へのコメント